耐震リフォームとは

耐震とは壁や柱などの強度を上げることで、文字通り建物を振動に耐えられるように改修することです。一般住宅の地震対策に向いています。

大地震はいつ、日本列島のどこで発生するか予想がつきません。何の前触れもなく突然襲いかかり、火事や津波、火山の噴火などを引き起こしながら多くの被害をもたらす恐ろしい自然災害です。

耐震リフォームは愛する我が家はもちろん、家族の命を守るために必要と言えます。

特にこんな建物には注意が必要です!

  • 1981年以前に建てられた建物
    1981年6月に建築基準法が改正され、耐震基準が強化されました。1995年の阪神淡路大震災で、1981年以降建てられた建物の被害は少なかったことが報告されています。
  • 軟弱な地盤に建っている建物
    軟弱な地盤は日本中にあります。特に都市部に多く、注意が必要です。軟弱地盤は揺れが大きくなるので、壁量も50%増しにするよう、建築基準法で定められています。
  • オーバーハングした建物
    1階より2階部分が飛び出ている建物や、2階部分を1階の柱だけで支えるピロティー状の建物のことです。不安定な家になりがちですが、実際多く建てられています。
  • 1階に壁が少ない建物
    1階が店舗や車庫、大きな窓などの建物です。壁がないと耐震性の乏しい建物になってしまい、1階部分だけが倒壊という危険性があります。
  • 下屋の大きい建物
    建物は1階と2階の外壁線がそろっていたほうが、構造上安定します。一見、2階が小さく1階が大きい建物は安定感がありそうですが、2階の外壁の下に壁がない場合は問題があり、建物に負担がかかります。
  • 老朽化した建物
    ここでいう老朽化した建物とは、築年数が古いということではありません。土台や柱などが腐ったり、シロアリ被害にあっていたり、雨もりがしていたりと、強度に不安のある建物のことです。

金物工法

木材の欠損部が極めて小さく、高い接合強度

金物工法は、従来の木造仕口・継手を金物接合に置き換えて構造材を緊結する工法です。従来の木造軸組工法に比べ、木材の接合部の断面欠損は約1/4。断面欠損を最小限に抑えられるので、約1.5倍の接合強度を実現。

公的機関による科学的な強度試験で、安全性を実証しています。

  • 金物仕口と在来仕口との耐力比較 在来工法の約1.5倍の強さ
  • 金物工法 仕口部欠損率約15%
  • 従来の工法 仕口部欠損率約58%

パネル工法

壁・床が構造躯体と一体化した強固なモノコック構造

躯体全体をひとつの箱にしたモノコック構造にすることにより、壁・床が軸(構造躯体)と一体化した面となり、外力を壁面全体で受け止めバランスよく分散、軸の接合部への力の集中を緩和させ、変形しにくい優れた耐震・耐風性能が得られます。

水平剛性に優れた床パネル

床面は、グリッド(格子)状に床組みして、床パネル(厚物構造用合板)を直接打ち付けた剛性床とします。床パネルが床全面に緊密に張られ、構造躯体と一体化するので建物のねじれや歪みを防ぎ、優れた水平剛性を発揮します。また、あらかじめプレカットされた床パネルを柱立ての前に先行施工するプラットフォーム工法なので、足場を確保し安全かつ効率よく作業がおこなえます。

  • 床パネル 施工
  • 床断熱材 施工
  • 床組み 施工

断熱性・施工性に優れた床断熱材

床の断熱材は、土台・大引き間に隙間なく納まるように、あらかじめプレカットして出荷。

1棟毎、邸別にプレカットされているので、工期の短縮、及び現場廃棄物を低減します。

断熱性・施工性に優れた通気屋根パネル

野地合板と断熱材を一体化して、パネル内部で屋根通気を可能にしました。

1棟毎、邸別にプレカットされているので、工期を大幅に短縮でき、足場が悪く危険な高所作業を軽減できます。勾配天井も容易で、小屋裏空間の有効利用が可能になります。

  • 天井裏に熱気がこもってしまう一般的な断熱方法と、通気屋根パネルの家なら、最大で20℃以上も屋根裏の温度が違います。
  • 夏期の小屋空間の温度比較

村松工務店は30年以上の実績から、お客様の希望や予算に合わせ最適なプランを提案します。

まずはお気軽にご相談ください。